FC2ブログ

マスボクシングとは



実践的な対人練習。実際には直接当てない寸止めのボクシング。

相手にパンチがあたる手前で手を止める(寸止め)やり方、相手との距離を長めにとってパンチが当たらないようにするやり方などがある。

防御に回る側は、相手の攻撃に目を慣らして、防御のタイミングをつかむ練習になる。
攻撃に回る側は相手の防御の隙を見つける練習になる。

基本的に当てない練習だが、防御などが明らかに間に合っている場合などは防御の上から軽く当てたりすることもある。

特に防御を重視して行なうことが必要。

あらかじめコンビネーションを決めた上、攻防を分けて行なうマスボクシングや、一方が攻撃、一方が防御といったふうに分かれておこなうマスボクシングもある。 

(非常に参考になりましたので貼り付けました)


スポンサーサイト



マスボクシングとは



「ボクシングにおける練習方法の1つ 試合形式をとりながらパンチを当てずに打ち合う。

技術の確認やタイミングのとり方、距離感などを身体に覚え込ませる。

スピードや正しいボクシングフォーム、動態視力などを養うのに最適。」と記載されていました 



マスボクシングとは



最近 いろんな人とマスボクシングをやろうと声をかけています

以前までのマスといえば ゆっくりと打ち抜かないで軽く当てる様なやり方でやっていましたが ある人からもっとスピードをつけて 当たらない遠い間合いから打ち抜いた方がいいと言われ、今までの考え方が変わってしまった。

初めは違和感があったけど(当てない事が)教えてくれて本当に良かった 

これだったら誰とでも安全にやれるし自分にとっても良いトレーニングになります。