FC2ブログ

久しぶりにスパーリングをやってきました

スポンサーサイト



金沢ボクシングクラブ




いしかわ総合スポーツセンターボクシング練習場



毎週木曜日19:00~21:00 土曜日10:00~12:00(高校生と合同)

スポーツ安全保険






5名以上 加入区分C 年間掛金(1人当たり)1850円 



傷害保険金額
死亡2,000万円  後遺障害(最高)3,000万円  入院(日額)4,000円  通院(日額)1,500円 


賠償責任保険支払限度額(免責金額なし)
身体・財物賠償合算 1事故5億円ただし、身体賠償は1人1億円


突然死葬祭費用保険支払限度額
突然死(急性心不全 脳内出血など)葬祭費用180万円



詳しくは スポーツ安全保険 こちらをご覧下さい。





未経験者の練習の進め方






初めての方には、基本から丁寧に教えます。


1週目  ロープを1ラウンド程飛んでウォーミングアップ後、軽くストレッチ
まず、鏡を見ながら半身に構えます。手と足の位置を確認。


そこからジャブ(左ストレート)と、右ストレートを練習します。特に右ストレートは足、腰、肩の動きをわかりやすく説明します。ある程度、スムーズにできるようになるまで繰り返しましょう。



少し休憩してから次はグローブを着けてミット打ちです。
先ほど練習した動きを確認しながら、実際に当てる感覚を身につけます。


複雑な動きはやりません。正確に確実にできるようにその都度アドバイスします。


その時の状況にもよりますが、サンドバッグ打ちや、対面シャドーなどをやる場合もあります。最初は、しっかり基本の動きを身につけることが大切です。
                                            
                                                    
つづく・・






スポーツと法



スポーツに事故はつきものであり、指導者が法律上の
責任を問われることもある。安全配慮義務。


免責同意書(事故による責任は問わない旨が記載された書面)があれば、大丈夫と思っていたが・・甘かったです。もちろん皆さんの安全にはかなり気を使っています。


過去の判例をいっぱい見て、まだ知らない事が多いなと怖くなりました。やらなければいけない事がいっぱい見つかりました。



スポーツと法 ←詳しくはこちらをご覧ください。



事故を予見し回避するために安全配慮を強化します。ヒューマン(人)ハード(用具、施設)ソフト(練習プログラム)



実際にこんな事故がおきてます。

ア 事案
①競技種目・機会   ボクシング・部活動
②競技者       高校1年生
③習熟度・能力    初心者・体調不十分
④事故態様
上級者とマスボクシング(相手に当てずに、タ
イミングをはかってパンチを繰り出す練習)中
にパンチがあたり、死亡
イ 安全配慮義務の内容
危険性の高いボクシングにおいては、指導者は
極めて高度の注意義務を負うものであって、具体
的な練習に即した指示を発する等すべきであり、
技術差のある者相互がパンチの当たる可能性のあ
る練習においては、少なくとも未習熟者にヘッド
ギアを装着させたりする等、一層の注意義務が要
求される。
ウ 実際の指導内容
ヘッドギアを装着させたり、上級者に格別の注
意をすることなくマスボクシング練習をさせた。

「技量差等のあるもの同士がパンチの当たる可能性
のあるマスボクシング練習を行うことを避けるか、
行うにしても…(下級者に)ヘッドギアを装着させ
たり…(上級者に対して)絶対にパンチを当てるこ
とのないように改めて注意する…高度の注意義務が
あった」